心身症の招く病【ストレスの影響を軽減して病気にならない健康生活】

心の病は治す事ができる

メディカル

早めの対処が必要です

現代は高度に発達した情報化社会です。メディアを通じて映像や音楽といった情報が大量に目や耳へ流れ込んできます。情報は生活環境を便利にし、災害時には安全を確保する為に大いに役立てる事ができます。しかしここ数年の激しい変化は人の体と心に影響を及ぼしている事があります。過度な情報は時として人間関係を複雑化させ、ストレスを生じさせる事に繋がります。職場や家庭生活といった場所でも本人が気が付かない内にストレスが溜まっている事も少なくないです。その様なストレスを上手に解消できない人は体調に変化が出る事があります。質の良い睡眠を得る事ができずに不眠症となったり、漠然とした不定愁訴をくり返す人もいます。その様な人は心の病を患っている可能性があります。症状を自覚できている場合や周囲から指摘された場合は専門家へ相談する事が必要です。特に心身症やうつ病は早めに対処すればそれだけ社会復帰への期間も短くて済みます。最近ではこの様な病気への偏見等もかなり減ってきているので、気軽に専門医の治療を受ける人が増えています。

生活習慣の改善も重要です

心の病といっても数多くの症状があります。一般的に心身症の場合は社会環境の影響による体調の変化とされ、精神疾患としては扱われないです。うつ病とは違い、精神科での治療ではなく、心療内科での治療となります。しかし患者の側から見ればその様な区別を付けるのは難しく、見分けるのは困難です。迷った場合はかかり付けの内科医へ相談し、紹介してもらうのが最適です。心療内科で心身症の治療をする場合は薬物療法と各種心理療法が行われます。向精神薬や睡眠薬の効果は人により違いがあります。治療期間も長くなる事が殆どです。心身症の治療には生活環境の積極的な改善が不可欠です。医師やカウンセラーのアドバイスを生活面でいかに実践できるかがポイントになります。暴飲暴食や運動不足といった生活パターンを見直し、日頃から規則正しい生活習慣を心がける事が心身症を含む心の病を改善させる第一歩となります。そして心の病の治療は専門医やカウンセラーとの相性も大切です。治療施設を選ぶ場合は口コミサイト等の情報を参考にすれば便利です。