心身症の招く病【ストレスの影響を軽減して病気にならない健康生活】

ストレスによる病気

悩む男性

心身症とはストレスなどの心理的要因によって、身体的疾患を発症させる病気です。主な治療法は薬物療法と心理療法です。薬物療法により身体的疾患から誘発される鬱や不安感などの精神的症状を取り除きます。心理療法は要因となっているストレスを明確にしないと効果がなく、医師との信頼関係の構築が重要とされています。

View Detail

心と体はつながっている

看護師

過度のストレスが身体にまでも影響を及ぼして、何らかの身体疾患をおこします。これらの疾患を、総称して心身症といいます。身体疾患と精神的なストレスのケアをするのが、ベストな治療になるので二つの病院を受診する必要があるのです。治療には周囲の理解と協力が大事です。

View Detail

予防はストレスを排除

悩み

心身症は遺伝や体質によって症状が出やすい部位が判明します。ストレスなど根本的な要因を取り除いたり、ストレスの発散方法を確立するなどして、心身症になりにくい環境を作ることが心身症予防の第一歩となります。

View Detail

心の病は治す事ができる

メディカル

心の病はできるだけ早めに対応すれば回復も早くなります。心身症の場合は心療内科での治療が適しています。効率よく改善させるには日頃の生活習慣の見直しが必要です。医師やカウンセラーのアドバイスを生活面に生かす事が必要です。

View Detail

子供にも発症する病気

笑顔

心身症は大人だけの病気ではなく子供にも発症します。アレルギー疾患と片付けてしまうこともありますが、心身症の可能性もあるのです。子供の場合成長期と思春期の二回ストレスを自覚症状なしに感じる期間があります。

View Detail

抜本的改善が治療法

相談

頭痛や、腹痛、胃潰瘍など

心身症は病名ではありません。ストレスの影響が体に現れる病気の代表的な名称です。心の病気と思われがちな心身症ですが、病態名が心身症であるため、病名はそれぞれの症状に応じた各種領域にまんべんなく現れます。正式な症状が現れることが前提となるため、うつ病などはこの心身症の部類から除かれるのが一般的です。現代人はストレス社会の中で生きています。そのため心理社会的要因が大きい心身症とは切っても切れない関係にあり、ストレスの負担から体に異変を起こすことは日常的に起きています。例えばプレゼンテーションの前におなかの調子が悪くなったり、パソコン仕事を長時間していると頭痛が襲ってきたりするのも要因はストレスであるため、軽い心身症の一部であるといえます。重い症状であれば、胃潰瘍などが代表例です。強いストレスの発症や持続などによって慢性化になりストレス作用がたびたび脳に刺激を与えることで身体機能の低下や免疫力低下につながるのが要因です。少しでもストレス負担をかけない生活をここがけるのが大事です。

ストレスと上手に付き合う

心身症になりやすい人は不安や緊張感の強い人、責任感が人一倍強い人、あまり感情を出さない人、自己の表現が苦手な人などが多いのですが、上手にストレス解消をできないことがストレスを慢性化させてしまうことに共通点があります。したがって、こういった症状を持っている人がすべて心身症にかかるのではなく、休日や帰宅後にストレス解消を行える環境や趣味、スポーツなどを行っている人は心身症にかかる確率も減少します。心身症で発症する病気を完治させたからと言って心身症が完治したことにはなりません。また同じようにストレスが蓄積されれば、今度は体のほかの場所が侵される可能性があるのです。そのため心療内科などを利用し抜本的に解決することが治療法となります。ストレスと上手に付き合う方法や自分なりのストレス解消法などを身に着け実践することで心身症になる可能性を低くできます。したがって薬だけでなく、心理療法などを時間をかけて取り組むことになります。続けることが大事な治療法です。